2013年01月01日

エクセルマクロの言語

エクセルマクロの言語
わざわざ難しい「コンピュータ言語」を選ぶから ダメ なんです。

【三太郎式】 エクセルマクロ成功法 Excel2010版(お届け製本版)
要は、どんな初心者にでもできる事が分かっている、世の中で一番単純なプログラミングの方法というものを覚えればいいのです。 それこそが、ここで紹介する”エクセルのマクロ”です。
この”エクセルのマクロ”には、自動で機械がプログラムを書いてくれる・・という非常に便利な機能まで備わっていますし、 特別な翻訳ソフトなしに(エクセルだけあれば)作ることができます。


ところで、世界中のソフトウェアの8割は、 エクセルマクロの言語(VBA言語といいます)と同じ VB系のプログラム言語で作られている (と言われてる)のをご存知でしょうか?

と言うのも、素人好みの簡易言語であるVB言語というものが、他に比べれて 遥かにとっつきやすいプログラミング言語 に他ならないからです。なので、世界中で圧倒的に裾野が広い(圧倒的に愛用者の人数が多い)というわけです。

また、VBにできることはほぼ何でもこの講座で学ぶマクロのVBA言語というものでもできます。
なので、ここで勉強するVBAというコンピュータ言語では、世界中の8割に相当するプログラムは全て作ることが可能 というわけです。

私が長年、富士通などで教えていたC言語やJava言語といったプロ向きのものとは違って、VB言語というのはプロの プログラマーからするとどこか子供じみた言語のイメージを持たれているもの(言ってみれば赤ちゃん言葉ですね) ではあるんですが、、

けど、それでも何でもできます。わざわざプロ仕様の難しい言語を覚える必要なんかありません。
要は、プログラミングで自分のやりたいようなデータ処理の自動化や、自分のアイデアが実現できればいいだけですから。

まさしく穴どるなかれ!「エクセルのマクロ」は、そんな凄い言語なのです。しかも、他のどれより間違いなくカンタンです!


エクセルマクロの言語
オフィス2010 ワード・エクセル・パワーポイント・アクセス
動画パソコン教室 ワード エクセル
posted by エクセル at 16:35 | エクセルマクロの言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
エクセルマクロ成功法 Excel2010